子どもの独立と退職


必要な保障額は増加し続けるわけではありません。子どもが成人して独立した後では、教育・養育費がかからなくなりますから、家族のために残しておく必要があるお金は減少します。また住宅ローンを完済した後であれば、これに対する備えも必要なくなるわけです。このような場合、保険料の支払いをおさえるためにも保険内容を見直し、老後のための貯蓄に回した方が良いでしょう。

定年退職を迎えると一般的に収入は減少します。必要な保障額も残された配偶者の生活を支えるために充分であればよいので、そこまで大きなものにはならないはずです。逆に収入が減少する中での保険料の支払いは負担になるはずですから、生命保険の見直しは必須と言えるでしょう。また相続のために保険を利用しようと考える人にとっても、保険見直しは有効です。一般に保険は相続税の支払いの際に優遇を受けることができるので、相続税の対象になる場合は活用を考えてみるのもよいでしょう。

それぞれのライフステージにおいて必要とされるお金は異なります。そのすべてをずっと同じ一つの保険でまかなうのは難しいことです。人生の分岐点を迎えるたびに必要なお金を考え、必要な備えをしていくためにも、生命保険の見直しが欠かせないのです

参考HP生命保険見直しサービス – 保険GATE